ナビゲーターグローブのレビュー|丈夫で長持ち、コスパ最強

更新日:

ナビゲーターグローブのレビューまとめました。

丈夫で長持ち、カスタマイズも自由なコスパ最強のビリヤードグローブです。

この記事の内容

1.ナビゲーターグローブとは|その特徴

2.ナビゲーターグローブのレビュー
-(1) デザイン
-(2) 構造
-(3) フィット感
-(4) 通気性
-(5) 耐久性(参考)
-(6) 脱着のしやすさ
-(7) 使用感

3.まとめ|ナビゲーターは丈夫で長持ち、コスパ最強のグローブ




1.ナビゲーターグローブとは|その特徴

ナビゲーターグローブとは、タップ、チョーク、ブルーインパクトカスタムキューなどビリヤード用品を幅広く手掛けるナビゲーターのビリヤードグローブです。

このグローブには以下のような特徴があります。

・安い

・厚手で丈夫

・カスタマイズ自由

このあたりを含め、以下にレビューをまとめました。

 

2.ナビゲーターグローブのレビュー

ここから以下の観点でレビューしていきます。

・デザイン
・構造
・フィット感
・通気性
・耐久性(参考)
・脱着のしやすさ
・使用感

(1) デザイン

まずはデザインを見ていきます。

カラーバリエーションはありません。黒地に白いロゴが入っているだけです。まあおしゃれとは言えないですね。

そしてサイズはフリーサイズしかありません。手囲い寸法で言うとOWLのグローブのLサイズです。完全に男性向けですね。でも僕の手のサイズはMなんで、じゃっかん大きいです。

手の甲はロゴが入ってるんでまだましでしたが、こうやって横から見たり、

手のひらを見ると、味も素っ気もないんで、まあまあダサいですね。昔のグローブみたい。

ただ生地がしっかりしてるのと、ダブついた感じはないので、安物にありがちなみすぼらしさはないと思います。

あと他のグローブにある手のひら側面の滑り止めはありません。

とここまでが、クローズドフィンガー(指先をカットしていない)の状態ですが、僕は普段、オープンフィンガーのグローブを使います。

それなのになぜ僕がこのクローズドのほうを買ったかと言うと、オープンが¥880に対し、クローズドのほうは¥660と安いから。

そして使う時は指先をこうやって好きな長さにカットして使えば良いから。

どうせオープンフィンガーとして売っているほうも、カット部分は補強されていない(間違ってたら訂正します)ので、ハサミで切るのと何も変わりません。だったら好きな長さにカットできるクローズドフィンガータイプを買ったほうが断然お得です。

それと手首にファスナーがないんで、見ての通り腕時計をしていても、そんなに邪魔にはなりません。

ちなみにこれはしばらく使っているやつなんで、シャフトの摩擦でテカりが出てます。

サイズが大きいので、Mの僕にはちょっと大きいですね。他のグローブのレビューをした後だと、ダブつきが目立ちます。

でもオープンフィンガーにしたほうが何となくダサさが軽減される、と僕は思う。実際、おしゃれとはとても言えませんが、無難であるとは思います。




(2) 構造

① ステッチの位置

あまり気にする人はいないのかもしれませんが、シャフトがあたる部分のステッチの位置も載せておきます。

下の赤いラインが縫い目ですが、人差し指も中指も1か所です。ここがOWLとかスリーセカンズとか、少し値が張るグローブと違うところです。他のメーカーのグローブは中指の縫い目は2か所あります。

人差し指の反対側と親指も1か所ずつ。他のグローブは人差し指の縫い目が2か所のものが多いです。

これが僕がナビゲーターを愛用している理由です。

僕が以前使っていたOWLは中指の縫い目が2か所あります。

僕のブリッジは人差し指を中指の上に載せるいわゆるフィリピンブリッジなんですが、OWLを使っていた時、人差し指の先にちょうど中指の縫い目があって、それが中指を圧迫して痛かったんです。

それが嫌で縫い目が1か所少ないナビゲーターを使ってみたら、そのストレスから解放されて、それからずっとナビゲーターです。

③ カットした指先

自分でハサミでカットした指先はこんな感じです。

これはカットしてから少なくとも20時間以上は撞いていますが、多少ほつれた感じはあるものの、何の問題もなく使えています。もちろんまだまだ使えます。

一度カットしたら、ほつれを整え直したりする必要はほとんどなく、何か月も使えると思います。生地が厚手なんでとても丈夫です。




(3) フィット感

Lは僕には大きいので、フィット感はないです。Lサイズの人がつけても、OWLやZANみたいなしっかりしたフィット感はないと思います。

慣れてしまえばなんとも思わないんですが、フィット感のあるグローブに慣れた人は物足りなく感じるかもしれません。

(4) 通気性

通気性は良くないです。メッシュでも何でもないわりと厚手の生地なので。

ただ、他のレビューでも書きましたが、エアコンの効いた涼しい店なら、正直大差ないですし、僕はこれをずっと使っていますが、「このグローブ暑いな!」って不満に思ったことはないです。

(5) 耐久性(参考)

僕はこのグローブを長く愛用していますが、耐久性は他のグローブに比べると明らかに高いです。生地が厚いのと、縫い目が少なく、構造もシンプルだからです。

グローブの交換時期って、

・擦り切れて穴が開いたら
・縫い目がほどけたら
・臭くてたまらなくなったら(洗濯しましょう)

って感じだと思いますが、このグローブは丈夫なんで、よほどタフな使い方をしない限り、擦り切れたり、縫い目がほどけたりすることはそんなにないんじゃないかと思います。

(6) 脱着のしやすさ

普通。

ファスナーがないから脱ぎにくいとかいうことはないです。むしろ、ファスナーがあると、マジックテープが生地に引っ掛かってボロボロにしちゃわないようにって気を付けないといけないですが、これはそんなこと気にする必要ないので楽です。




(7) 使用感

と、ここまでは家で装着してみた感想でしたが、ここからビリヤード場に行って、実際に色々使ってみての感想です。

① シャフトの滑り

普通。

ただ、もしかしたらなんですが、生地が厚めなんで、指が太い人やシャフトが太めの場合に、キューが出づらくなると感じる人はいるかもしれません。僕は男のわりに指が細めなんで何ともないんですけど。

② 色々なショットをしての感想

今回、このグローブをつけて以下のようなショットを試してみました。

・スタンダードブリッジ
・オープンブリッジ
・レールブリッジ
・フィンガーチップブリッジ
・ハードショット
・サイドブレイク(両サイドから)
・平づきブレイク
・ジャンプショット

結果、これも「普通」です。

滑り止めがないと嫌という人がどれぐらいいるのか不明ですが、僕的には全然なくても良い。まあこれに慣れちゃってるんで。でも滑り止めがあるのが当たり前の人にとっては厳しいのかもしれませんね。

上で書いたように、縫い目があたって痛いとかいうストレスも全くないです。これが縫い目が少ないことのメリットだと思います。

③ 通気性(プレーしてみて)

やはりメッシュのものよりは暑いと思います。

でもエアコンが効いた店なら、そんなことはあまり気にならないかと思います。




3.まとめ|ナビゲーターは丈夫で長持ち、コスパ最強のグローブ

いかがでしたか?

ナビゲーターグローブに関して僕の感想をまとめると以下のような感じです。

良いところ
・安い
・厚手で丈夫
・縫い目が少ないのでストロークの邪魔にならない
・指先を好きな長さにカットできる
悪いところ
・サイズが選べない
・通気性が良くない
・デザインが味気ない
・フィット感が弱い

安いんで、他のグローブに比べると劣る部分が多いのは致し方ないことですが、シンプルゆえの良さもあると思います。

おしゃれな新商品を使うのももちろん良いと思いますが、色々使った後にナビゲーターを使ってみたら、「これで十分じゃん!」って思うかもしれませんよ。

やはり安くて丈夫というのは良いですね。お金はもちろんですが、買い替えの手間も削減できますから。

グローブは必須だけど、そんなにこだわりはないという人にはベストチョイスだと思います。

ビリヤード グローブ NAVIGATOR ナビゲーター メンズ フリーサイズ 黒

新品価格
¥660から
(2021/6/11 00:20時点)

他にはこんな記事もありますので、よかったら読んでください。

ビリヤードグローブは必要?【悩み過ぎない選び方】おすすめも紹介

スリーセカンズグローブのレビュー|デザインと自然なフィット感が最高

ZAN(斬)グローブのレビュー|全体的にとても良いグローブ

OWL(オウル)グローブのレビュー|僕がOWLを使えない理由

ビリヤードグローブのサイズ|意外と知らない測定方法

以上です。よかったらシェアしてください。

-ビリヤード-グローブ

Copyright© ビリヤード道具のブログ|ぬブロ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.