インストローク キューケース

キューケースのレビュー|インストローク【僕的には失敗だった話】

更新日:

インストロークのキューケースのレビューです。
購入を考えている人、キューケース選びで悩んでいる人は参考にしてください。

 

この記事の内容

1.インストロークキューケースとは

2.インストロークキューケースのレビュー

3.インストロークのキューケースは僕的には失敗だった話

4.まとめ




1.インストロークキューケースとは

インストロークとは、アメリカンキューケースの老舗ブランドです。

今でこそ色々なメーカーのキューケースがありますが、昔は本革のキューケースと言えばインストロークのハードケースと言っても過言ではないほど人気がありましたし、多くのプレイヤーがこのキューケース、またはこのキューケースと似たデザインのケースを使っていたと思います。もちろん今でも一定の人気がありますね。

ISC2402BK
出典:ニューアート

インストロークは革だけではなく、合皮やデニムのケースも取り扱っています。

ISJN24
出典:ニューアート

また本革製のソフトケースも人気です。

ISDR24BKR
出典:ニューアート

このように素材もデザインも豊富で、価格帯も幅広いので、自分好みのキューケースが見つかるブランドだと思います。




2.インストロークキューケースのレビュー

インストロークのキューケースにも色々な種類があるのですが、この記事では僕が持っている4B8Sのソフトケースについてレビューまとめました。

(1) 基本仕様

タイプソフトケース
収納本数4B8S
サイズ84x15x6cm
重さ2.2kg
素材本革
ポケット121x11x4cm
ポケット241x11x4cm

(2) 外観

スタッズがところどころ打たれていて、その周りにカービングが施されています。アメリカンな感じですね。

キューケース インストローク 外観

インストローク キューケース スタッズとカービングのアップ

(3) 内装

ファスナーの引手は2つついていて、180度全開に開くことができます。

キューケース インストローク 内側

(4) 収納

① キューの収納

中には片面に1B2S収納できる間仕切りが2枚入っていて、その間にはさむためのクッションも1枚入っています。これでキューとキューが中でぶつかることはありません。

インストローク キューケース キューの収納部

実際に4B8S収納してみました。こんなに持ち歩く人いるんですかね?重すぎです。

インストローク キューケース 4B8Sを収納した状態

ちなみに、キューを固定するこのゴムバンド、使い勝手が最悪です。

キューケース インストローク キューを固定するゴムバンド

細いので、バットを入れる時に上の写真のようにいちいち指で広げないといけないです。しかも上と下両方あるので面倒くさすぎです。最近はこの方式のものはあまりなさそうですけどね。

② ポケット1

まずは上の小さいほうのポケットです。こんな感じで上から下に開くようになっています。

インストローク キューケース 上側のポケット

③ ポケット2

次に下の大きいほうのポケットです。

まず側面にジャンプキューのバットを入れるスペースがあります。

インストローク キューケース ジャンプバットのポケット

前面のポケットには真ん中にファスナーがあります。

インストローク キューケース 下側のポケット

スペースは十分なのですが、取り出し口が狭いので若干使いづらいです。ここにはエクステンションとか折り畳み傘を入れられます。

(5) ベルト

ベルトはケースの側面についているので、肩に担ぐ分にはいいですが、たすき掛けにして背負うのはやりづらいです。ちなみに超頑丈な作りなので、4B8S収納しても壊れそうな不安感は全くありません。

インストローク キューケース ベルト取り付け部

(6) 持ち手

持ち手は2か所ついています。

まず側面の持ち手。ここも超頑丈で壊れる心配はありません。

インストローク キューケース サイドの持ち手

そしてポケットの上についている持ち手、ここも頑丈ではありますが、何となく切れちゃいそうで不安なのであまり使ってはいませんでした。

インストローク キューケース 前面の持ち手




3.インストロークのキューケースは僕的には失敗だった話

僕がこのケースを買ったのは、友達が合皮製の軽いソフトケースを使っていて、使いやすそうだなと思ったからです。せっかく買うならと本革製でたくさんキューが入る4B8Sを買いましたが、それが失敗でした。

そもそも僕は普段そんなにたくさんのキューを持ち歩かないです。でもせっかく大きいの買ったんでたくさん詰め込みたくなって、結果、ケースとキューで総重量5kgぐらいになりました。

これを担いでよく遠征に行っていましたが、試合前に無駄に体力使ってたと思います。

どれぐらいの収納本数がいいかなと悩むこともあると思いますが、普段持ち歩いている分だけ入れば十分だと思います。それでも将来的にキューが増えることが心配なら、ソフトケースを買っておくといいと思います。ソフトケースなら仕様上の収納本数よりは多少多めに入れることができるので。

 

4.まとめ

いかがでしたか?

僕的にはインストロークのソフトケースは失敗でしたが、4B8Sを普段から持ち歩いている人で、このタイプが欲しい人なら満足できるんではないかと思います(たぶん)。

頑丈なのは間違いないです。これを買ったのは18年ぐらい前、ブランクとかあったんで実際に使い倒したのは5年ぐらいですが、上の画像、わりときれいだと思いませんか?頑丈であることはキューケース選びの1つのポイントですよね。

少しでも参考になれば幸いです。

他にもこんな記事をまとめていますので、あわせて読んでみてください。

ビリヤードキューケース【失敗しない選び方】おすすめも紹介

【キューケース】タイプ別|〇〇なソフトケース12選

【キューケース】タイプ別|〇〇なハードケース11選

デニムのキューケース5選|ダメージだって味になる

ビリヤードキューケース自作【超軽量2B3Sハードケース】

キューケースのインプレ|斬(ZAN ATHLEISURE)

以上です。よかったらシェアしてください。

-ビリヤード-キューケース

Copyright© ぬブロ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.