斬キューケース(ZAN ATHLEISURE)

キューケースのインプレ|斬(ZAN ATHLEISURE)

投稿日:

キューケース ZAN ATHLEISUREのインプレです。
購入を考えている人、キューケース選びで悩んでいる人は参考にしてください。

結論、かなりお得なキューケースです。

この記事の内容

1.キューケースのインプレ|斬(ZAN ATHLEISURE)

2.斬キューケースの収納力【なんか得した気分】

3.まとめ

 

1.キューケースのインプレ|斬(ZAN ATHLEISURE)

斬タップで有名な斬のキューケースです。色々な種類があるのですが、僕が持っている1B2Sのソフトケースについてインプレまとめました。

(1) 基本仕様

タイプソフトケース
収納本数1B2S
サイズ83x13x4.5cm
重さ600g
素材合皮(パンチングレザー)
ポケット47.5x10x4cm
内ポケット45×7cmのメッシュを3分割

(2) 外観

ベースは合皮です。ポケットの部分にはカモフラ柄の生地が使われています。ナイロンか何かですかね。キーホルダーとかをつけられるのは、ポケットのところにあるこのベルト通しみたいな金属部分だけです。

キューケース 斬(zan) 外観

(3) 内装

ファスナーの引手は1つしかついていなので、上から下に開けることしかできません。ちなみにファスナーは下の写真の位置までしか開かないので、180度全開にすることはできません。人によっては使いづらいと感じるかもしれませんね。

キューケース 斬(zan) 内側

(4) 収納

① キューの収納

中には1B2S分のインナーバッグ(っていうんですかね?)がファスナー側に縫い付けられています。

キューケース 斬(zan) クッション

② ポケット

表面にある大きなポケットにはファスナーの引手が2つついています。

斬キューケースのポケットのファスナー

このポケットは180度全開することができます。

斬キューケースのポケット

③ 内ポケット

ポケットの内側にメッシュの内ポケットがあって、3つに仕切られているので、小物がごちゃまぜにならないように分けて入れることができます。

斬キューケースの内ポケット

(5) ベルト

ベルトはケースの裏面についているので、肩に担ぐだけでなく、たすき掛けにして背負うのもやりやすいです。

斬キューケースの背面

ベルトはアクリルとかポリエステルとかそういう素材だと思います。まあ正直ベルトの感じは安っぽいですね。

合皮に直接縫い付けているようなので、耐久性は高くないと思います。

斬キューケースのベルト取り付け部

これはケースの上側のほうなんですが、この向きで縫い付けちゃうと、持ち上げた時に縫い合わせた箇所に余計な負荷がかかっちゃうと思うんですけどね。なんでこんな設計にしたのか疑問です。

(6) 持ち手

持ち手も合皮製です。ここも合皮に直接縫い付けているようなので、明らかに強度が足りないと思います。

斬キューケースの持ち手

 

2.斬キューケースの収納力【なんか得した気分】

このケース、1B2Sなんですが、実はもっとたくさん入ります。ということで色々入れてみました。

まず、エクステンションとジャンプバットをポケットに入れます。普段僕はこんな大きなエクステンションは使いませんが、一番大きいサイズのを入れています。そして内ポケットにはグローブ、チョーク、チョークホルダー、タップシェーバー、目薬なんかを入れます。

斬キューケースのポケットに色々収入した状態

そして、インナーバッグに1B2S入れます。

斬キューケースに1B2S収納した状態

これでもまだ全然スペースに余裕があります。てことでさらにキューを入れていくと、

キューケース 斬(zan) 2B4Sも余裕

2B4S入りました!実は僕はこの点がわかっていたので、最初から2B3S入れて使うつもりで買いました。2B3Sなら、空いたスペースに折り畳み傘も入れておけます。

ちなみにどれだけ入るかなと試したところ、

3B3Sも可能。

斬キューケースに3B3S収納した状態

2B6Sも入りました。

斬キューケースに2B6S収納した状態

 

注意点

実際はこんなにたくさん入るんですが、上でも書いた通り、ベルトの取り付け部とサイドの持ち手の部分はたぶん強度が足りないです。特に持ち手の部分は軟弱な感じです。

他の2B4Sのケースと同じ感覚で使うと、そこが壊れてしまうおそれがあるので、普段持ち運ぶキューは最低限にするとか、多めに入れる時はサイドの持ち手は使わないとか注意しましょう。

 

3.まとめ

いかがでしたか?

斬のキューケースはとても軽くて快適です。1B2Sで600gならもっと軽いケースはたくさんありますが、2B4Sで600gと考えると、業界最軽量レベルですよね。電車や徒歩でキューケースを持ち歩くことが多い人にとっては、軽さとコンパクトさこそ正義だと思いますが、このケースならかなり満足度が高いと思いますよ。

数量限定みたいですが、まだ売ってるところもありますので、いいなと思った人はお早めにどうぞ。

個人的には持ち手とベルトの取り付け部の強度を上げて、同じサイズで2B3Sとして売り出してほしいです。

他にもこんな記事をまとめていますので、あわせて読んでみてください。

ビリヤードキューケースのレビュー|おすすめのキューケース3選

ビリヤードキューケース自作【超軽量2B3Sハードケース】

キューケースのインプレ|インストローク【僕的には失敗だった話】

以上です。よかったらシェアしてください。

-ビリヤード-キューケース

Copyright© ぬブロ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.