キューケース

ビリヤードキューケースのレビュー|おすすめのキューケース3選

更新日:

僕の歴代キューケースのレビューをします。
色々使ってわかった、失敗しないキューケースの選び方とおすすめのキューケースも紹介します。

20年の球歴の中で色々なキューケースを使いました。でも市販のケースに満足できず、今では自分で作ったキューケースを使っています。
そんな僕なりの視点でこの記事をまとめました。

キューケース選びの参考になれば幸いです。

 

この記事の内容

1.キューケースのレビュー|僕の歴代キューケース
(1) アダム|1B1Sハードケース
(2) MEZZ|2B4Sハードケース
(3) インストローク|4B8Sソフトケース
(4) 斬|1B2Sソフトケース

2.【色々使ってわかった】失敗しないキューケースの選び方

3.おすすめのキューケース
(1) 初心者におすすめのキューケース
(2) 電車移動がメインの人におすすめのキューケース
(3) 誰にでもおすすめ|ずっと使えるおしゃれなキューケース

4.自分好みのキューケースがなかったら
(1) キューケースをオーダーメイドする
(2) キューケースを作る

5.まとめ

 

1.キューケースのレビュー|僕の歴代キューケース

まずは僕がこれまで使ってきた4種類のキューケースをレビューします。

(1) アダム|1B1Sハードケース

僕が一番最初に買ったキューケース。すでに廃版で、友達に借りパクされていて現在手元にないので写真が撮れませんが、デザイン、スペック的に一番近いのは下の商品です。僕が買ったものには小物入れはありませんでしたが。

 

仕様1B1S収納、合皮製、たしか0.6kg前後
値段僕が買ったのは¥5,000
選んだ
理由
当時持っていたのはプレーキュー1本のみで、ずっと店に置きキューしていたのでキューケースは持っていませんでしたが、引越でキューを持ち出す必要があったので、何でもいいやと東急ハンズで購入。
良い点・軽い
・コンパクト
・キュー1本を持ち運びするにはこれで十分
・実は1B2S入る
悪い点特になし
総評最初から1B1Sを入れるためだけに買ったので、それ以上のことは何も期待しておらず、不満に感じることはありませんでした。
これからビリヤードでも始めようかとマイキューを1本買ってみた初心者の人にはこのタイプのキューケースがちょうど良いと思います。
ブレイクキューやジャンプキューを買ったら、キューケースの買い替えが必要ですが、これなら安いので、そうなっても後悔しないですよね。

(2) MEZZ|2B4Sハードケース

2番目に買ったキューがMEZZの2B4Sのハードケースです。これも廃版のようで今は売っておらず、現物も買い換えて捨てたので手元にありません。デザイン、スペック的には下の商品と近いです。今となってはこのごつごつしたいかついデザインは古臭い感じがしますが、昔はこのタイプを使っている人多かったですよね。

 

仕様2B4S収納、合皮製、たしか2kg前後
値段たしか¥20,000ぐらい
選んだ
理由
ブレイクキューとジャンプキューを買ったので2B3Sの収納が必要になり買い替え。ソフトケースよりもこっちのほうが男らしくてかっこいいなと思って購入。
良い点・かっこいい(と当時は思っていた)
・頑丈
・キューを組み立てた状態でケースに突っ込んで持ち歩けるので、試合の時など台を移動する時に便利
悪い点・ベルト部分やトップとサイドのハンドル部分が切れてくる。たぶんキューを入れた総重量に対して、持ち手に使われている合皮の耐久性が足りない。(最近のはどうかわかりませんが)
・当時使っていたラバーグリップのパワーブレイクは、ラバーが引っかかって出し入れがしづらかった。僕が使っていたものは、挿し込み口にフェルトが内張りされていたが、だんだん剥がれてきて、キューを出すたびにフェルトも一緒にとび出てきた。
・重くてかさばる。
総評買った当初は満足でしたが、使い込んでくると合皮が破れてきたり、ハンドル部分が切れてきたり、みすぼらしい状態になって、さっさと捨てました。
今はこういうごつごつしたデザインのものよりも、もう少し丸めのフォルムで柔らかいデザインのものが主流だと思いますが、どうせこういうのを買うなら、ボロボロになったらかっこ悪い合皮なんかより、使うほどにあじが出てくる本革のほうが良いと思います。

(3) インストローク|4B8Sソフトケース

3番目に買ったのがインストロークです。ここで初めてソフトケースを買いました。

キューケース インストローク 外観

キューケース インストローク 内側

仕様4B8S収納、本革製、2.2kg
値段¥50,000
選んだ
理由
友達が使っていたソフトケースがいいなと思って、せっかくならと本革製を購入。できるだけ多くのキューが入るケースが欲しくて、4B8Sにする。
良い点・所有欲が満たされた
・けっこう頑丈
悪い点・重い。キューケースがというより、必要もないのに4B5Sぐらい入れていたので余計に重かったです。せっかく大きいのを買ったんで、たくさん入れたかったんです。。
・でかくてかさばる。
・キューを固定するゴムバンドの使い勝手が最悪。下の写真のゴムバンド、キューを挿し込む時に指で輪を広げないと入らない上に、上側、下側2か所あるので、収納が面倒くさすぎです。
キューケース インストローク キューを固定するゴムバンド
総評必要性も考えず、無駄に収納力のあるケースを買って、失敗したパターンです。「本革でたくさんキューが入るケースがほしい!」という気持ちだけで買ってしまいました。
だいたい4B8Sも持ち歩く必要ないですし、そんなに入れたら総重量がとんでもないことになります。
¥50,000しましたが、馬鹿な買い物でしたね。

なお、このキューケースが気になる方は「キューケースのインプレ|インストローク【僕的には失敗だった話】」の記事にさらに詳しいレビューをまとめましたので、そちらもご覧ください。

(4) 斬|1B2Sソフトケース

わりと最近買ったキューケースです。斬タップの斬が出している「ZAN ATHLEISURE(斬アスレジャー)」というシリーズのものです。

キューケース 斬(zan) 外観

キューケース 斬(zan) 内側

仕様1B2S収納、合皮製、0.6kg前後
値段¥10,000
選んだ
理由
僕は今は自作したキューケースを使っているんですが、そのケースを当時店に預けていたら、ちょっと雑な扱いをされて壊されそうだったので、店に預ける用にこのキューケースを購入
良い点・デザインが良い(カモフラ好き)
・軽い
・コンパクト
・実は2B4S+ジャンプバット、エクステンションまで入る優れもの
・小物入れの収納も十分
悪い点ベルトの取り付け部と持ち手の強度に不安がある
総評このケースはめちゃくちゃ優秀です。1B2Sなんて謙遜しないでほしい。2B4S入るので初心者が最初に買って、そのあとでブレイクキューやジャンプキューを揃えてもしばらく使えると思います。
ただ、もともと1B2S仕様なので、あまり中身を重くすると、ベルトや持ち手のハンドルが耐えられなくなる可能性はあります。
合皮に嫌な思い出がある僕としては、合皮よりはキャンバスとかナイロンとかにしてほしかったなと思いますが、もはやそんなことはどうでもいいぐらい満足度が高いです。

なお、このキューケースが気になる方は「キューケースのインプレ|斬(ZAN ATHLEISURE)」の記事にさらに詳しいレビューをまとめましたので、そちらもご覧ください。

 

2.【色々使ってわかった】失敗しないキューケースの選び方

「キューケースの選び方」ってことで、いかにもなことを書いているおすすめ紹介サイトがありますが、なんか当たり障りのないそれっぽいことしか書いていないですね。

なので、市販のものに満足できず、自分でキューケースを作っちゃった僕なりの視点で、キューケース選びのポイントを解説します。

キューケース選びのポイント

・初心者は1B1Sで十分

・電車での移動がメインなら軽さとコンパクトさが超重要

・人混みでキューを保護したいという理由でハードケースを買うのは無駄

・いつか必要になるかもという理由で大きいケースを買うのも無駄

・それでも今後キューや荷物が増えることが心配ならソフトケースがおすすめ

これだけだと言葉足らずなので少し補足します。

初心者は1B1Sで十分

ここで言う初心者というのは、これからビリヤードでもやってみようかなとマイキューを1本買った人のことです。

まだ本当にビリヤードにはまるかわからないですよね。それなら1B1Sの安いケースで十分だと思います。だいたい「キューが増えても大丈夫なように大きめの買っとけ」とか言われても、まだ道具がそろってもいないのに、どれぐらいのケース買えばいいかなんてわからなくないですか?

だったら最初から買い替え前提で、最低限の収納の安いケースを買っておけば良いと思います。

電車での移動がメインなら軽さとコンパクトさが超重要

ビリヤードの道具一式ってけっこう重いです。

2B4S持ち歩く人が一番多いんじゃないかと思いますが、エクステンションとか小物とか合わせると、だいたい2kgぐらいになると思います。

キューケースの種類は色々ありますが、たぶん主流は2B3S~3B5Sぐらいで、重さはだいたい1.2kg~2.5kgぐらいの範囲に大多数が収まるんじゃないでしょうか。

キューケースが2kgだとしたら合計4kgです。

重くないですか?

球撞く前にあまり余計な力つかわないほうが良いので、軽いほうがいいと思います。

あとでかくてかさばるのも電車では邪魔ですよね。

電車がメインなら、軽くてコンパクトなものを選ぶのがベストだと思います。

人混みでキューを保護したいという理由でハードケースを買うのは無駄

「電車とか人混みの中で持ち運ぶなら、衝撃に強いハードケースが良い」とか勧めているサイトがありますが、人混みでキューがダメージを受けるほどの衝撃なんてないです。

ハードケースは重いです。

よほどペラペラのものでない限り、ソフトケースでもクッションが入っていて防御力は十分なので、保護を理由にハードケースを買うのは無駄だと思います。

キューケース 斬(zan) クッション

斬キューケースのクッション

いつか必要になるかもという理由で大きいケースを買うのも無駄

普段2B4Sしか持ち歩かないのに、いつか必要になるかもしれないと理由で3B5Sとか4B8S買うのは無駄です。

僕は2B3Sしか持ち歩かないのに4B8Sのインストロークを買った結果、とにかくキューケースの中をいっぱいにしたいがためだけに、使いもしないバットやシャフトを入れて4B5S持ち歩いていましたが、ケースを入れた総重量5kgぐらいです。無駄ですよね。使いもしないのに。

普段から3B4S持ち歩いているとかなら、そういうサイズのケースを買えば良いと思いますが、そうじゃない人は2B3Sか2B4Sで十分だと思います。

それでも今後キューや小物が増えることが心配ならソフトケースがおすすめ

ただ、それでも一応大き目のケースを買っておきたいというならソフトケースがおすすめです。ハードケースは収納できる本数が決まってしまっているものがほとんどですが、ソフトケースならある程度融通がききます。

上で書いた通り、僕の斬のソフトケースは仕様上は1B2Sですが、2B4S余裕で入ります。

キューケース 斬(zan) 2B4Sも余裕

ただ全部が全部、そんなに余裕があるわけではないので、どれぐらい収納できそうかはあらかじめ確認が必要ですね。

 

3.おすすめのキューケース

満足できそうなキューケースがなかなか見つからず、色々なところで自分好みのキューケースを探しまくっていた僕がおすすめできる商品を紹介します。

(1) 初心者におすすめのキューケース

上でも書いた通り、ビリヤードを始めたばかりの初心者の人は買い替え前提で1B1Sの安いキューケースを買えば十分だと思います。ということでおすすめなのが、上でも載せたこれです。

 

仕様1B1S収納、合皮製、880g
値段¥2,790(この記事を書いた時点)
良い点・クロコダイル調で高級感がある
・たぶん1B2S入る
悪い点・1B1Sにしてはじゃっかん重い
・カラーバリエーションがない
総評値段が安いですし、デザインも悪くないので最初の1本に最適。
ちなみに買い替え前提ではありますが、こういう1B1Sのキューケースって、2B4Sとか買った後でも、ちょっとだけ練習行こうかなってプレーキュー1本だけ持っていきたい時に重宝するんで、捨てずに持っておくといいですよ。

これだといかつくていやだなと思ったら、こんなの↓もいいと思います。多少値段は上がりますが、デニム生地でかわいいですね。重さも500gと軽いですし。

キューケース デニム

(2) 電車移動がメインの人におすすめのキューケース

必要最低限の道具だけ持って電車で移動する人におすすめしたいのが、2B3Sのこちらです。

 

QK-S (キューケーエス)というメーカーです。知らない人もいるかもしれませんが、斬のキューケースはQK-Sとのコラボです。ニューアートの人気キューケースランキングの上位にもランクインするメーカーです。

仕様2B3S収納、ナイロン、1.2kg
値段¥18,480(この記事を書いた時点)
良い点・ハードケースとしては軽い
・コンパクト
・個性的でおしゃれ(と僕は思う)
悪い点収納スペースが小さい
総評このコンパクトさで2B3S入るので、電車で遠出するときとかとても良いと思います。
収納スペースが少ないので、購入の前に自分の持ち物が入るかちゃんと確認しましょう。
なお、amazonではカラーバリエーションがありませんが、ニューアートならもう少し種類があります。あとamazonより少し安いです。
ニューアートサイト

斬とQK-Sがコラボしたのがこちらです。かっこいいですが、高いのが難点です。

 

あと、QK-Sとか斬は高いなと思ったら、同じタイプのこちらがおすすめです。

FURY キューケース

FURYって日本じゃあまり人気がない気がしますが、仕様もデザインもQK-Sや斬とほぼ同じで値段は半分以下です。またそれらと違って底がゴムになっているのもポイントですね。すべらなくていいと思います。

ちなみに、2B3Sで一番人気なのは、MEZZのMO-23シリーズだと思いますが、あれは見た目がダサいので僕はおすすめしないです。

(3) 誰にでもおすすめ|ずっと使えるおしゃれなキューケース

スリーセカンズ(3seconds)です。今さら僕なんかがおすすめするまでもないくらい人気のあるケースですね。

まずはソフトケースです。本革のごついハードケースとかだと、良くも悪くも目立ちますが、これならカジュアルでおしゃれなんで街中で持ち歩いてても、溶け込みますね。

 

仕様2B4S収納、ナイロン他、1.0kg弱
値段¥29,700(この記事を書いた時点)
良い点・軽い
・おしゃれ
・デザインも豊富
・収納力も申し分なし
悪い点特になし
総評これを買っておけばずっと使えると思います。
ちなみに3B5Sもありますが、2B4Sで十分だと思います。いざとなったらもう少し入ると思うので。
こちらもamazonではあまりバリエーションがありませんが、ニューアートなどビリヤードショップなら他にも色々なバリエーションがあります。あとamazonより少し安いです。
ニューアートサイト

 

ハードケースもあります。

 

2B4Sがamazonで売り切れているので、上のリンクは3B5Sのものですが、おすすめは2B4Sなので、下の表の内容も2B4Sのものです。

仕様2B4S収納、ナイロン、1.2kg
値段ニューアートで¥27,000(この記事を書いた時点)
良い点・ハードケースとしては軽い
・おしゃれ
・デザインも豊富
・収納力も申し分なし
・リュックのように背負うことも可能
悪い点特になし
総評これも人気ですね。
2B4Sは品切れがちです。
こちらもamazonではあまりバリエーションがありませんが、ニューアートなどビリヤードショップなら他にも色々なバリエーションがあって、amazonより少し安いです。
ニューアートサイト

 

4.自分好みのキューケースがなかったら

(1) キューケースをオーダーメイドする

以前スリーセカンズでオーダーメイドを受け付けていましたが、残念ながらこの記事を書いている2020.11時点で受付休止中のようです。下のリンクのハリスツイードのケースめちゃくちゃかっこいいですね。

スリーセカンズのブログ

ちなみにたまにメルカリとかでスリーセカンズのオーダー品が出品されてますね。人がオーダーしたやつを買っても意味がないですが。

なお、もしもお気に入りのバッグのブランドとかあるのなら、そこに相談してみるのもいいかもしれません。作ってくれるかわかりませんが、相談だけならただでしょうから。

(2) キューケースを作る

上でも何度も書いていますが、僕は市販のケースに色々な点で満足できず、自分でキューケースを作りました。良かったらこちらの記事も読んでください。

業界最軽量のキューケースを目指してあれこれ試行錯誤した過程も書いてます。

ビリヤードキューケース自作【超軽量2B3Sハードケース】

これは僕が僕のためだけに作った特殊な仕様なので、他の人にとっては使い勝手は悪いと思いますが、キューケースを作ってみたいなと思っている人のヒントになれば幸いです。

ちなみにレザークラフトの知識とか不要です。知識も技術もないただの素人が、あれこれ工夫して作り上げたものです。

 

5.まとめ

いかがでしたか?

キューケースって種類が多いですし、みんな色々なものを使っているので、どれが良いか迷ってしまいますよね。

この記事があなたのキューケース選びのヒントになれば幸いです。

上で説明した内容を参考に、自分に合ったキューケースを探してみてください。

 

ビリヤードの道具に関しては、他にもこんな記事をまとめていますので、良かったら読んでください。

ビリヤードエクステンション【意外と知らない種類と特徴】

ビリヤードチョークケースを買う前に知っておきたい基礎知識

ビリヤードマグネットチョークホルダーのメリットデメリット徹底解説

ジョイントキャップホルダー考【デザインが大事】

 

以上です。

良かったらシェアしてください。

-ビリヤード-キューケース

Copyright© ぬブロ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.